福岡の鍼灸院

福岡の鍼灸院

はじめに・・・
福岡県内には数多くの鍼灸院がありますが、その現状の把握は大変難しく迷われることも多いと思います。
そのような時に、少しでも参考にして頂ければと思います。


鍼灸(はり・きゅう)とは
鍼(はり)は、主に中国医学やその影響を受けた伝統医学(チベットやモンゴルの医学)の理論に基づいて専用の鍼(針)を用いて皮膚、筋肉などを刺激することにより生理状態を変化させ、病気を治療する医術のことです。

鍼灸(しんきゅう)とは、身体の特定の部位に鍼や灸を用いて皮膚または経絡に刺激を与えることで、病気を治す古代中国において発祥した物理療法を指します。

鍼灸の“鍼”とはハリのこと。“針”というイメージから注射針など尖っていて長い、痛いものと思われがちですが、日本で使用されているハリは、髪の毛ぐらいの非常に細くて繊細な道具です。

”灸”はいわゆるおきゅう、もぐさに火をつけてツボに温刺激を与えるものです。
もぐさはよもぎの葉を乾燥させて作ったもので、ハーブを用いたアロマテラピーと同様の効果が得られるようです。

一般的に、直接肌にもぐさをのせる 直接灸よりも、モグサと皮膚の間にスペースを取る間接灸の方が温まり方が穏やかな様です。そしてこの場合、やけどの跡が残ることもないそうです。




サイト名: 福岡の治療院ナビ/鍼灸院・整骨院などの情報サイト   http://www.harikyu365.jp
この記事のURL:   http://www.harikyu365.jp/modules/tinyd/index.php?id=6